甜茶

甜茶にはどんな効果があるのでしょうか

近年、花粉症やアレルギー症状に対してお茶を利用して症状を緩和しようとする方が増えてきています。 そんなアレルギー症状におすすめなのが甜茶です。 甜茶とは?という方もいるでしょうが、甜茶は中国茶の中でも有名な古くからある薬草茶の一つになります。中国の南部では「おめでたいお茶」「幸せを呼ぶお茶」として五千年前頃から飲まれている健康茶で、一般的には甘いお茶の総称でバラ科キイチゴ属の甜葉懸鈎子、ユキノシタ科の臘蓮繍球、アカネ科の牛白藤、ブナ科の多穂石柯葉の四種類が知られています。 中でも甜葉懸鈎子という種類の甜茶がアレルギー抑制作用があることがわかっています。 甜茶には甜茶ポリフェノールをはじめ、甘味成分であるルブソシドやカリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラル類が豊富に含まれています。 具体的な効果効能としては、ポリフェノールによってアレルギーの原因となるヒスタミンの放出を抑制して、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状が抑えれるとされていまう。有効成分であるポリフェノールは、体内の炎症反応に関係する酵素の活性を阻害して、ヒスタミンの過剰分泌を抑えることによって予防や緩和効果が得られるとされています。 他にも甘味成分であるルブソシドは砂糖の約75倍も甘さを持ちます。そのため甘いものが阻止いときになどに砂糖を入れた飲み物やお菓子などを食べるよりも、肥満や便秘などの糖分の取りすぎで起こる症状の予防にもつながります。 また、歯周病の原因菌が歯に付着することを防ぐこともできるとされています。そのため歯周病や口臭をよぼする効果も言われており、虫歯も砂糖によって増殖するため砂糖を摂取することが少なくなることで虫歯予防にもなります。 効果的な飲み方としては、ほとんどの場合個包装で販売されているためその1袋を500ミリリットルの寝湯で煮出して飲みいます。3?5分に出すと甜茶エキスが出てきて効果的です。ポリフェノールを十分に出すためには最低1分以上は煮出すことが必要です。煮出しすぎると逆にポリフェノールが壊されてしまうため注意が必要となります。 ティーパックをマグカップなどに入れてお湯を注いでも美味しく飲めます。 日常的に飲みたいというときには、冷めても美味しいため沢山作って冷やしておいても手軽に飲むことができ、味を変えたい時にはレモンやハチミツを加えたり、牛乳で割るなどのアレンジも楽しむことができます。

 

サイトマップ